俺のショタは「http://orenoshota.com/」に移転しました。
 
ショタコンのショタコンによるショタコンのためのブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■関連エントリー
 PR
スポンサー広告 | Page Top↑
 4月17日(ブルームバーグ):スウィーティちゃんは他の不運なフィリピンの少女たちと同じように見える。10歳の彼女はインターネット上で、自分を買ってくれる男性を探している。ウェブカメラの前でいろいろな行為をして見せることでお金をもらう仕組みだ。
彼女がネットにログオンすると、「働いているの?」、「君くらいの歳の女の子が好きなんだ」などのメッセージが舞い込む。交渉が成立すると客たちはスカイプや「Yahoo! Messenger 」などで自分だけのためのショーを楽しめるというわけだ。
しかしスウィーティちゃんはほかの少女たちとは違う。実は彼女は、インターネット上で子供を相手に買春をする小児性愛者たちを摘発するためにオランダの非営利団体が作り出したアバター(ネット上での仮の像)なのだ。
昨年彼女がネット上で仕事をしていた8週間の間に、約2万人が連絡を取ってきた。アムステルダムの倉庫で作業をする研究者たちのキーボード操作で、スウィーティは首を振ったり相手を見つめたり、ウェブカメラを調整しようと手を伸ばしたりする。超リアルなアニメーションで男たちを引き付けた後、研究グループは相手の電子メールアドレスとフェイスブックのアカウント、正面を向いた顔写真を手に入れ、接続を切る。スウィーティは結局何もしてくれない。
こうして、世界各国からの約1000人の容疑者のデータが、国際刑事警察機構(インターポール、ICPO)に渡された。
インターネットの普及で児童ポルノの入手や販売が容易になる一方、テクノロジーでこれを防止する方法も増えた。ICPOで子供に対する犯罪防止を担当する責任者のミック・モラン氏は「この問題を解決するテクノロジーには無限の可能性がある」と話した。
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N45Z7X6JIJV001.html

仮想少年がくる予感・・・(; ・`д・´)

こういうのって先手を取りたい気持ちは分かるけど
どこに被害者がいるんだって思っちゃうなぁ(ヽ'ω`)
いや未来の被害者を増やさない為ってのは分かるんだけどね・・・(ヽ'ω`)
■関連エントリー
 PR
ニュース | トラバ:0 | コメント:2 | Page Top↑
コメント
この記事へのコメント
逆に考えるんだ
完璧な仮想少年ができれば誰も被害にあうことなく楽しめる
と考えるんだ
<4185> 2014/04/19(土) 00:58 | URL | 名無し #-[ 編集]
ほう助にはあたらないのかな
未成年がお酒を飲むと、飲ませたほうも罪に問われるのに、
この場合は罪に問われるのは引っかかった方だけ?
<4186> 2014/04/19(土) 19:45 | URL | 名無し #djnh.SQU[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://orenosyota.blog50.fc2.com/tb.php/2530-14246e66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
俺のショタは「http://orenoshota.com/」に移転しました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。