俺のショタは「http://orenoshota.com/」に移転しました。
 
ショタコンのショタコンによるショタコンのためのブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■関連エントリー
 PR
スポンサー広告 | Page Top↑
★単純所持の導入は急務か? 内閣府主催「児童ポルノ排除対策公開シンポジウム」が開催される

11月28日、内閣府による「児童ポルノ排除対策公開シンポジウム」が、千代田区の都市センターホテルで開催された。

一般社団法人インターネットコンテンツセーフティ協会代表理事の立石聡明氏は、「児童ポルノ」について定義する
ことを避けながら、インターネットコンテンツセーフティ協会で行っているブロッキングについて説明した。
この中で立石氏は、協会では市民から通報を受けたもののうち、基準を測った上で弁護士や小児科医から
「児童ポルノである」とされたものについてのみ、ブロッキングを行っていることを説明。

やはり同協会の中でも、何をもって児童ポルノとしてブロッキングの対象とするのかは、議論が分かれるところなのか。
講演後に、立石氏に聞いてみたところ、日本では議論の分かれているようなものは、ブロッキングのリストにはして
いないとして、次のように語った。
「リストに掲載しているのは、明らかに性犯罪にあたるものに限っており、水着画像のようなものはリストに加えていません。
やはりブロッキングの技術は、"パンドラの箱"のようなもので、技術を法律家のような人々に与えてしまうと、より
攻撃的な方向へと進んでいくことを危惧しているのです」(同)

講演に続いて行われた「児童ポルノの流通・閲覧防止の強化」と題されたパネルディスカッションは、NPO法人ポラリス
プロジェクトジャパンの藤原志帆子氏がコーディネーター、前出の立石氏はコメンテーターとして参加し、3人のパネリストが、
それぞれのテーマについて語るミニ講演の形が取られた。続く
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1385715033/
■関連エントリー
 PR
ニュース | トラバ:0 | コメント:0 | Page Top↑
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://orenosyota.blog50.fc2.com/tb.php/2399-9b1c7ce1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
俺のショタは「http://orenoshota.com/」に移転しました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。