俺のショタは「http://orenoshota.com/」に移転しました。
 
ショタコンのショタコンによるショタコンのためのブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■関連エントリー
 PR
スポンサー広告 | Page Top↑
★グーグルとMSが児童ポルノ阻止で共闘

米検索大手グーグルが米マイクロソフトと協力し、児童ポルノの画像や動画を表示されにくくする、新たな仕組みを導入した。

検索アルゴリズムを変更し、子供の性的虐待にかかわるリンクを示す可能性がある10万以上の検索要求について、児童ポルノの
画像・動画が表示されないように「阻止した」という。英国を皮切りに、今後半年以内に150以上の言語で利用できるようになる。
(中略)

◆流通を阻止する4つの方法とは
シュミット会長の寄稿記事によると、キャメロン首相の呼びかけに応じ、グーグルは過去3か月間で200人の人員を投じ、
児童ポルノの流通を阻止する4つの方法を新たに追加したという。

1つ目は「検索のクリーンアップ」。10万以上の検索要求について、児童を性的に虐待するサイトが表示結果に出ないようにした。

2つ目は「抑止」だ。約1万3000に上る検索語を入力すると、グーグルあるいは慈善団体の警告が出て、児童の性的虐待は
違法であること、視聴させないようにするためのサイトが紹介される。

3つ目は「検出と削除」だ。児童の性的虐待の画像・動画をコンピューター技術に頼って判別するのは難しい。「子供がお風呂に
入っているときの写真と虐待の写真との判別がつきにくい」。このため、人の目を通して画像などを見極める。「虐待画像」と
なった場合、特有のデジタル上の「指紋」をつける。

この指紋がついた画像が次の検索で表示されそうになった時、コンピューターがすぐに「虐待画像」であることを察知し、処理する。
マイクロソフトの画像認識技術が役立ったという。

最後は「専門技術」だ。虐待画像のフィルタリングについての知識が豊富なグーグルの技術者を、英国のインターネット業界が
オンライン上の犯罪行為撲滅のために立ち上げた慈善団体「インターネット・ウオッチ財団」(IWF)や米国の非営利団体
「行方不明および搾取された子どもたちのためのセンター」(NCMEC)に派遣する。

また、両組織でフィルタリングなどの知識を学ぶためのインターンを雇用する資金をグーグルが拠出するという。(以下略)
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1384849581/
■関連エントリー
 PR
ニュース | トラバ:0 | コメント:1 | Page Top↑
コメント
この記事へのコメント
いや、まあ、実写児童ポルノを規制するのはいいとして、この方式だと、普通に漫画や小説も検索しにくくなりませんかね。
それこそ奴らの狙い通りなのかもしれませんが。

つーか、ウチのサイト、引っ越しの時にがんばってSEO対策したんだから勘弁してくれぇぇぇぇ(←これが本音)
<3994> 2013/12/01(日) 01:17 | URL | 名草 #7Vwe54W6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://orenosyota.blog50.fc2.com/tb.php/2390-5e090e2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
俺のショタは「http://orenoshota.com/」に移転しました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。