俺のショタは「http://orenoshota.com/」に移転しました。
 
ショタコンのショタコンによるショタコンのためのブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■関連エントリー
 PR
スポンサー広告 | Page Top↑
ゴールデンウィーク明けにも提出される公算の大きい、児童ポルノ法の与党側改正案。その法案の一部始終を、みんなの党所属の山田太郎参議院議員が明らかにした。

 出版業界では、これまでも水面下で「表現の自由」を守るべく活動が行われてきたが、連休後にはさまざまな行動が始まるようだ。

 4月26日、山田議員は自身のホームページにて、自民党の高市早苗衆議院議員(自由民主党政務調査会長)がみんなの党政調会議に来訪し、法案の提出について説明したことを明かした。山田議員によれば「自民党政調の高市会長自らが直接やって来るのは異例中の異例」だという。山田議員はこの事実を公表し、高市議員の持参した資料を公開すると共に「この表現の自由を大幅に制限する法律に反対する」としている。

 ここで示された与党案の問題点は、従来と同じく「児童ポルノ」の定義を明確にせずに規制のみを強化しようとする意図を含んでいることにある。

 現行法の第三条では適用上の注意として「国民の権利を不当に侵害しないように留意しなければならない」とされているが、与党案では「本来の目的を逸脱してほかの目的のためにこれを濫用するようなことがあってはならない」とされている。そして、「児童ポルノ所持等の禁止」として新たに「何人も、みだりに、児童ポルノを所持し、又は第二条第三項各号のいずれかに掲げる児童の姿態を視覚により認識することができる方法により描写した情報を記録した電磁的記録を保管してはならない」などの条文が追加されている。

 そして、附則の第二条では漫画などの創作物にも言及。政府が漫画、アニメーション、コンピュータを利用して作成された映像、外見上の児童の姿態であると認められる児童以外の者の姿態を描写した写真等であって児童ポルノに類するものと、児童の権利を侵害する行為との関連性に関する調査研究を推進することを求める条文が示されている。そして、
改正案施行後3年をめどにその結果に基づく必要な措置を求める、ともしている。
http://topics.jp.msn.com/wadai/cyzo/article.aspx?articleid=1812389
■関連エントリー
 PR
ニュース | トラバ:0 | コメント:1 | Page Top↑
コメント
この記事へのコメント
もう終わりですね。今日付けで予算案通ったみたいだし、もう神妙に三年後を待つしかないんでしょうか……。
<3665> 2013/05/16(木) 14:22 | URL | 菜食 #mQop/nM.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://orenosyota.blog50.fc2.com/tb.php/2191-3e0d584c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
俺のショタは「http://orenoshota.com/」に移転しました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。