俺のショタは「http://orenoshota.com/」に移転しました。
 
ショタコンのショタコンによるショタコンのためのブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■関連エントリー
 PR
スポンサー広告 | Page Top↑
★【児童ポルノ】日本も単純所持禁止を NGO「エクパット」スウェーデン代表ヘレーナ・カレーンさん

・児童ポルノ根絶に向けたセミナーのため6月上旬に来日した国際非政府組織(NGO)「エクパット」の
 スウェーデン代表を務めるヘレーナ・カレーンさん(62)に、児童ポルノ単純所持禁止の意義や
 スウェーデンの取り組みを聞いた。

―国際的な児童ポルノの現状は。
 「多くの子どもを犠牲にして、大規模な市場に成長している。昨年、インターネット上の児童ポルノサイトを
 監視する英国の民間団体が、約1万2800件の画像を調べた。被害者の約7割が10歳以下とみられ、
 拷問やレイプもあった。コレクターはより刺激的で新しい素材を求め、犯罪組織はニーズに応えて虐待、
 製造を繰り返している」

―主要国(G8)で日本とロシアだけが単純所持を禁じていないが。
 「スウェーデンは1999年に禁止した。最近ではインドネシアが2008年、フィリピン09年、韓国は10年。
 国際社会は日本が続くのを待っている。禁止は、画像を持とうとする需要の抑制につながる。需要が減れば
 製造も減り、虐待が減る」

―一律の所持禁止には慎重論もあるが。
 「スウェーデンでも、最初は『表現の自由を制限する』と反対派がいた。法律ができるまでに国会での
 投票を2回経て、約6年かかった。議論を尽くしたことで、当初最も反対していたメディアからも禁止後は
 異論を唱えたり、表現の自由の侵害を訴えたりする声は聞かない。時間はかかるが踏み出してほしい。
 犯罪者の逮捕、被害者の特定、画像の没収のための大きなツールとなる」(>>2-10につづく)
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1341396160/
■関連エントリー
 PR
ニュース | トラバ:0 | コメント:0 | Page Top↑
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://orenosyota.blog50.fc2.com/tb.php/1880-15898d98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
俺のショタは「http://orenoshota.com/」に移転しました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。